【4STEP】逆SEO対策を自分でする方法!個人・会社の風評被害対策費用も紹介– category –

検索すると「個人名+逮捕」「個人名+詐欺」「会社名+ブラック」「会社名+やばい」という不名誉な記事が検索上位に並んで被害を被っていませんか?

検索結果にWEBサイトを上位表示させるSEO技術を応用して、不名誉な記事を検索結果下位に押し下げる逆SEO対策というものがあります。

当記事は「風評被害を抑えるために逆SEO対策について学びたい」「費用を抑えるために自分で逆SEO対策を実践したい」という方向けに「逆SEO対策を自分でする方法」を解説したものとなります。

ぜひ、ご自身や会社の名誉回復のためにご活用ください。ReStartでは主に個人の方向けに逆SEO対策サービスをご提供させていただいております。逆SEO対策をまるごとお任せしたい方は以下の記事をご覧ください。法人の方でも対応可能なので、まずはご相談ください。

あわせて読みたい
ReStart逆SEO対策おまかせプラン ReStartの提供する「逆SEO対策おまかせプラン」は実名報道などによって、検索結果上位に「個人名+逮捕」などの不名誉な記事が掲載されて被害を被っている方向けに、そ...

目次

逆SEO対策(リバースSEO)とは

SEO対策と逆SEO対策のイメージ
逆SEO対策成功イメージ

逆SEO対策とはリバースSEOとも呼ばれるSEO対策(検索エンジン最適化)の技術のひとつです。

逆SEO対策を理解するためにも、まずはSEO対策について軽く理解してから逆SEO対策について理解を深めていきましょう。また似た言葉にネガティブSEO対策という言葉もあるので併せて紹介します。

SEO対策とは

SEO対策とは検索エンジン(Google,Yahoo)上でWEBサイトなどを上位に表示させる技術の一つです。検索エンジン上で上位に自WEBサイトが上位になれば、広告費用不要で自WEBサイトが多くの目に触れることになり一定のアクセスが期待できます。

逆SEO対策(リバースSEO)とは

逆SEO対策とは検索エンジン上で「個人名+逮捕」「企業名+ブラック」などのネガティブな記事が上位表示されることで不利益を被っている際に、対象に対してポジティブ記事を作成しネガティブな記事を検索結果上から目立たなくすることを指します。

逆SEO対策(リバースSEO)と混同され使用されているネガティブSEOと呼ばれるものがあります。

ライバル企業名でネガティブな記事を大量に投稿したり、WEBサイトに対してスパム攻撃を仕掛けて検索順位を落とす行為をネガティブSEOと呼びます。ネガティブSEOは名誉棄損やIT犯罪として訴えられる危険性があります。ネガティブSEO対策とは

ReStart内では上記のように逆SEO対策(リバースSEO)を定義して、ネガティブSEOと区別して使用しています。

逆SEO対策の目的

逆SEO対策のReStartは逆SEO対策を次の目的で実践することをおすすめしています。

こんな方におすすめ

  • 社会復帰するため
  • 家族や子供の将来のため
  • デジタルタトゥーを消すため
  • 企業・サービスの風評被害対策

ReStartには過去に何かしらの闇を抱えた方や風評被害に悩む企業がご相談に参ります。1度過ちを犯してしまったとしても、もう1度やり直せる社会になって欲しいと願っております。

また、企業においてはぜひ顧客に愛される企業になっていただきたいと願っております。

逆SEO対策の効果

逆SEO対策をすることによって、このような効果があります。

  • 再就職ができた
  • 人間関係を恐れなくなった
  • 安心して眠れるようになった
  • 家族や子供に過去がバレない
  • 求職者の応募が増えた
  • 取引先・お客様が戻ってきた

悩みはご依頼者様によって様々です。検索結果からネガティブな記事が消えるとご自身にとってどのような未来があるか、一度考えてみてください。

実名報道の量や逮捕前の知名度によって逆SEO対策の効果が表れる期間は様々です。期間について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

あわせて読みたい
逆SEO対策が成功するまでどれくらいの期間が必要? 逮捕の実名報道を経験された方は一刻も早く逮捕記事を検索結果から消したいと考えているかと思います。逆SEO対策サービスに申し込まれる方に共通する願いが速さです。 ...

【4STEP】自分で逆SEO対策をする方法

当記事のメインコンテンツです。

個人で逆SEO対策をする場合も業者がする場合も基本的にやることは同じです。お金をかけず(低予算)に逆SEO対策で個人の不名誉な記事を目立たなくすることは可能です。

ただし、膨大な手間や時間が必要になります。業者は既に多くのリソースや技術があるので個人の方よりも素早く確実に逆SEO対策を成功させることができます。

手間と時間をかけるくらいなら、丸ごとお願いしたいという方はReStartにぜひお任せください。

あわせて読みたい
ReStart逆SEO対策おまかせプラン ReStartの提供する「逆SEO対策おまかせプラン」は実名報道などによって、検索結果上位に「個人名+逮捕」などの不名誉な記事が掲載されて被害を被っている方向けに、そ...

手間や膨大な時間を覚悟してでもお金をかけずに逆SEO対策をやりたいという方は以下をご覧ください。

逆SEO対策の方法

  1. 大量のブログを作成する
  2. 各種SNSを作成する
  3. コンテンツをアップする
  4. 検証をしながら更新を続ける

1.大量のブログを作成する

低予算で逆SEO対策をする場合は、ドメイン費用やサーバー費用の必要のない無料媒体を作成することをおすすめします。特にアメブロやnoteなどは検索エンジンから評価が高いのでおすすめです。

ブログをおすすめしていますが、YouTubeのような動画サービスでも検索にヒットする媒体であればお好きに選んでもらえば問題ありません。

もし、検索上位1ページ(10記事)に対して逆SEO対策をする場合、最低10個以上の媒体が必要です。

個人が逆SEO対策をする場合は、確実に検索上位に上げることのは難しいので、検索上位を取りたい数の2~3倍を目安にブログを立ち上げてください。

あわせて読みたい
【6STEP】ポジティブサイトを大量作成して逆SEO対策をする手順 逆SEO対策で検索結果からネガティブサイトや記事を追い出すためには、そのネガティブサイト以上に質の高い(Googleから評価される)ポジティブサイトを作成する必要があり...

2.各種SNSを作成する

SNS(Twitter,Facebookなど)でネガティブな情報が流れているなら、そのSNSを作成してください。SNSの多くは新着情報を評価するような仕組みになっているので、定期的な投稿が必要になります。

また、リツイート機能があり拡散が容易なので逮捕・事件からほとぼりが冷めたタイミングで開始するのがおすすめです。詳しくは当記事の逆SEO対策のリスクをご覧ください。

あわせて読みたい
Twitter逆SEOで大量投稿されるネガティブ投稿を見えづらくする方法 速報性の高いSNS、特にTwitterではネガティブ投稿が出回るスピードが異常に早いです。逮捕情報はもちろろんのこと風評被害、名誉棄損に当たるものも中には散見されます...

3.コンテンツをアップする

ブログを作成したら、コンテンツをアップしていきます。ブログは作成しただけでは検索上位に表示されることはありません。必ずコンテンツのアップが必要となります。

個人名であれば良質な記事とまではいきませんが、一定以上のクオリティを持った記事が必要となります。企業はより良質な記事が必要となります。

あわせて読みたい
良質なコンテンツとは?作るコツ・テクニック ネガティブサイトを見えづらくするポジティブサイトを作成するには、一定以上のクオリティを持ったコンテンツをアップする必要があります。ブログ・サイトを作成したか...

4.検証をしながら更新を続ける

コンテンツをアップしたら検証し足りなければ更新を続けます。

検証対象
・検索結果上位のネガティブな記事の有無
・新たなネガティブな記事のチェック

コンテンツをアップしてすぐ結果が出るものではないので2週間程度の期間で検索結果の変化を検証するようにしてください。ネガティブな記事が目立たなくなっているなら方向性は間違っていません。

1ページ目をポジティブ記事で独占しても油断してはいけません。検索結果は変動するので新たなネガティブな記事が必ず出てきます。ネガティブな記事に検索上位を奪われないためにも定期的な更新が必要になります。

あわせて読みたい
逆SEO対策が成功しても油断せず維持管理を続けよう 「良質なコンテンツのアップを続けて逆SEO対策が成功した!」と少しの間喜んでもらっても良いですが、油断は大敵です。検索結果は常に変化を続けます。他WEBサイトと比...

【4STEP】自分で逆SEO対策をする方法の全体像は以上となります。

各項目の補足説明として詳細記事のリンクを貼っています。わかりにくいところやより具体的な方法については、各リンク先記事を参考にしてください。

逆SEO対策のリスク

逆SEO対策のリスク

逆SEO対策の最大のリスクは逆SEO対策をしていることがバレて新たな風評被害を招くことです。逆SEO対策を実践するのであれば、そのリスクは許容しなければなりません。

逆SEO対策がバレる流れ

  1. 逮捕・事件が起きる
  2. 検索結果にネガティブな記事が溢れる
  3. 逆SEO対策成功
  4. 逮捕を知っている身近な人やネット上の迷惑な人がネガティブな記事がないことに気づく
  5. 逆SEO対策で情報を隠していることがバレる

上記の流れで逆SEO対策がバレます。ただし、そのネガティブな記事は検索結果上位にはなりにくい傾向にあります。

しっかりとした逆SEO対策をしていた場合、逆SEO対策をネット上でバラされたところで検索結果の上位を奪われることがないからです。ただし、低品質なコンテンツや技術で逆SEO対策をしていた場合は再燃する可能性があることを肝に銘じてください。

また、逆SEO対策を始める時期も大切になっています。ネット炎上中のさなか逆SEO対策を始めるのはおすすめできません。お気を付けください。

あわせて読みたい
逆SEO対策のリスクとは?バレて再炎上する可能性も 検索結果から逮捕情報が突然無くなってしまうと、それに気づく人も出てきます。世の中には「前科・前歴がある人間を許さない」という方も存在します。 そんな人に逆SEO...

逆SEO対策業者の選び方・費用相場

逆SEO対策業者の選び方・費用相場

逆SEO対策業者を選ぶポイントは3つあります。

1.料金
2.技術
3.安心感

何を重視するかは人それぞれですが、逆SEO対策業者の比較表をご覧の上自分でするか業者に頼むかをご検討ください。

依頼先料金技術力安心感
WEBコンサル少し高い技術高い安心感がある
WEB制作会社少し高い技術少し低い安心感がある
SEO対策業者料金安い技術高い安心感少しない
逆SEO対策専門業者料金高い技術高い安心感少しない
弁護士法人料金高い技術かなり低い安心感がある
受託請負業者少し高い技術高い安心感少しない
初期費用月額成功報酬
WEB系業者①50万円~100万円3万円0円
WEB系業者②0円~10万円5万円0円
弁護士法人①10万円~30万円5万円0円
弁護士法人②5万円0円10万円/記事毎
WEBコンサル・WEB制作会社・SEO対策業者・逆SEO対策専門業者・受託請負業者はWEB系業者と一括りにしています。

逆SEO対策の手法自体は個人がやる場合も業者がやる場合も大きな違いはありません。強いて言えば業者は技術・経験・リソースが既にあることです。

技術はReStartの記事を読んでいただければ身に付きます。経験・リソースは実践していただければ手に入ります。実践に不安がある方で費用を抑えたい方はサポート付きの逆SEO対策マニュアルをご用意しています。

お金をかけてでも早く確実に逆SEO対策がしたい方はには逆SEO対策おかかせプランをご用意しているのでご検討ください。

あわせて読みたい
ReStart逆SEO対策おまかせプラン ReStartの提供する「逆SEO対策おまかせプラン」は実名報道などによって、検索結果上位に「個人名+逮捕」などの不名誉な記事が掲載されて被害を被っている方向けに、そ...

人生の中で逆SEO対策のご経験がある方はごく少数だと思います。そのような方のために逆SEO対策業者の選び方や逆SEO対策の料金・費用相場をまとめたのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【逆SEO対策業者・会社比較】費用相場と料金の裏側公開!! 「逮捕記事を消します」「風評被害対策をします」と謳うWEBサイトは数多くありますが、多くの人にとっては逆SEO対策サービスを利用するのは初めてのことだと思います。 ...

まとめ

当記事は逆SEO対策の全体像と自分で逆SEO対策をする方法を解説した記事となります。関連記事も多く紹介しているので逆SEO対策でわからないことが出て来た際は、この記事に戻って再度読み直していただくことをおすすめします。

個人の方が逆SEO対策をする場合は、逆SEO対策と同時にネガティブな記事を掲載しているメディアに対して記事削除依頼を行ってください。

記事削除依頼の方法に関しては以下の記事をご覧ください。

自分で逮捕記事を削除する方法 | R...
【4STEP】実名報道の記事削除依頼を自分でする方法!!逮捕歴は消せます この記事では、逮捕され実名報道された人が自分で記事削除をする方法をご紹介しています。記事削除依頼をブログや掲示板にすることによってあなたの不名誉な記事が削除され...
1